【未満警察】中島健人のメガネ姿がカッコいい!視力はいくつなの?

 

ケンティこと中島健人さんがドラマの中で
メガネをかけて話題になっています。

役柄にあった「丸メガネ」は、知的な雰囲気が
かもし出されとても似合っていますね。

いつものセクシーなケンティとは
違う姿をみれるのも嬉しいところです。

そこで今回は、中島健人さんのメガネ姿と
気になる視力をお伝えします!

 

スポンサーリンク

【未満警察】中島健人のメガネ姿がカッコいい

 

 

ドラマ『未満警察』で中島健人さんが演じる
本間快は、理論重視の頭脳派タイプ。

なので、この「丸メガネ」は役柄にピッタリ。

 

しかし!

未満警察のアクションで
すでに3つのメガネが壊れてしまっています。

 

 

警察学校での訓練時もメガネは不便だし、
今後はコンタクトに変更もあり?

それとも、
壊れたメガネコレクションが増えちゃうの?

 

スポンサーリンク

中島健人の視力はいくつ?

 

中島健人さんは普段テレビやライブではメガネをかけていないので、目が良いのか悪いのかわかりません。

仕事でのメガネは「ダテ」の場合も多いし、ほとんどはコンタクトですよね。

 

普段はコンタクトをつけている

 

2014年2月12日『ライオンのごきげんよう』に
中島健人さんが出演したとき、

ツーウィークのコンタクトを使っていると話していました。

未満警察でみせてくれたように、
こんな感じでコンタクトを入れているのかな。

 

 

丸メガネをはずしてコンタクトを入れる瞬間
本間快からケンティの顔に変わった気が…

 

中島健人が答えた視力とは

 

中島健人さんは目が悪いことまではわかりましたが、視力は一体いくつなのでしょうか。

この質問に本人が「初耳学」で答えています。

 

「視力は 0.1」

 

 

メガネ男子が好きな人も多いし、
普段からかけてくれたら嬉しい人いるはず。

 

スポンサーリンク

中島健人の過去のメガネ姿

 

2019年4月21日時点で中島健人さんは、
大きめなフレームのメガネをかけています。

楽屋なので自前のメガネの可能性あり?!

 

 

2014年3月7日に公開された『銀の匙』では、
主役の八軒 勇吾(はちけん ゆうご)を演じました。

“頼みごとを断れない性格” という役どころで、
この時もメガネをかけていたのです。

 

 

このメガネはフレームがしっかりしてますね。

 

2018年は、未満警察でかけている丸メガネに近いものをかけてます。

 

 

丸メガネも、警察の制服だったりスーツやラフな服装になると印象もかわりますね。

 

 

丸メガネもクロブチも似合うケンティ。

いつもSexyです!

 

スポンサーリンク