【鉄棒パフォーマー上西隆史】AIRFOOTWORKS のエアダンスが凄い!

 

最近テレビにも出演するようになった、鉄棒パフォーマーユニット「AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)」

鉄棒にぶら下がって、無重力なの?と不思議な気持ちにさせてくれるダンスに目がクギづけになった人も多いのではないでしょうか。

そこで、これからブレイクしそうな「AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)」のメンバーやダンスについて紹介します!

 

スポンサーリンク

AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)とは

 

AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)とは、上西隆史さんが立ち上げた世界初のAIRDANCE(エアダンス)ユニット。

 

AIRDANCE(エアダンス)鉄棒ダンスとも言われてますが、「バーダンス」などに上西隆史さんがエンターテイメント性やアート性を加えて独自に立ち上げた新ジャンルのダンスです。

 

鉄棒やバーにぶら下がってダンスしている姿は、とても人間ワザとは思えません

 

エアダンスは、
空中を歩いていたり空気の壁を上っているようにみえて、「まるで無重力!?」と錯覚するように、見ている人を不思議な感覚にさせてくれます。

 

 

鉄棒パフォーマーのワザ

 

鉄棒にぶら下がりながらの動きで、名前がついているものを紹介しますね。

 

基本姿勢は肘を90度で固定

 

 

▼ボディーウェーブ(BODYWAVE)

上から下にウェーブする
肩を前に出し、胸を張って腰を残す

 

▼BICYCLE(バイセクル)

体を少し傾けておこなう
ポイントは自転車を漕ぐように
動きは簡単だけどなれるのに時間がかかる

 

▼SCISSORS(シザーズ)

何か物を切るような動きとキックを組み合わせたもの
単体より他の動きのアクセント使われることが多い
基本姿勢をとって胸を張り腰をツイストする

スポンサーリンク

AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)の鉄棒パフォーマー

 

現在、AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)のメンバーは3人

リーダーでありパフォーマーの上西隆史さん、パフォーマーの​本多諒さんと​菅谷浩章さんです。

 

プロフィール

 

リーダー&パフォーマー

上西隆史
  • 上西隆史 (じょうにし たかし)
  • 生年月日:1986年8月13日
  • 出身:北海道札幌市
  • 学歴:東京大学工学部
  • 特技:映像撮影&編集、POPPING DANCE、Parkour
  • ​趣味:登山、温泉

 

パフォーマー

本多諒
  • ​本多諒 (ほんた りょう) 
  • 生年月日:1988年11月18日
  • 出身:福島県
  • 特技:HIPHOP DANCE、Finger Druming(MPC)
  • ​趣味:サウナ巡り、コーヒー

 

パフォーマー

菅谷浩章
  • 菅谷浩章 (すがや ひろあき)
  • 12月20日生まれ
  • 出身:静岡県
  • 特技:懸垂、メモ取り
  • ​趣味:節約生活、野球観戦、風呂掃除

 

リーダー上西隆史さんの筋肉がスゴイ

上西隆史さんの筋肉

 

鉄棒にぶら下がって、体を浮かせたり空中を歩いたりするには強い体幹が求められるので、かなりの筋肉が必要ですよね。

 

見てのとおり、シックスパックとかは超えちゃっていて不思議なパック?になっています。

 

上西隆史の背中の筋肉

 

上西隆史さんによると、特に背中の筋肉が大事だといいます

 

こんなにゴツゴツした背中の筋肉をみたことありますか!?

 

これだけの筋肉をキープするには、ささみやプロテイン生活をしているとおもいますよね?

 

元々はお肉好きだった上西隆史さんですが、現在は以前から気になっていたヴィーガン料理に食事を切り替えて、体に変化があるか試しているようです。

スポンサーリンク

AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)の無重力なエアダンス

 

 

これは、2020年1月10~12日に 東京オートサロン2020 in 幕張 で開催された『TOYOTA GAZOO Racing』ブースでのパフォーマンス。

 

このイベントは4人の演目なので、AIRFOOTWORKS(エアフットワークス)の3人に加え、「長沼圭太」さんがサポートパフォーマーとして参加しています。

 

 

バイセクルやシザーズの足さばきだけでなく、鯉のぼりのように体をキープして扉になったり…

 

音楽と照明とダンスのコラボレーションで、見ている側の印象もかわります。

 

これからもAIRFOOTWORKS(エアフットワークス)の進化は続きそうですね!

スポンサーリンク