喜多村緑郎の嫁は元宝塚トップ貴城けい!夫婦仲や不倫の理由は?

喜多村緑郎

喜多村緑郎(きたむらろくろう)さんと鈴木杏樹さんが不倫関係にあると、文春により報道されました。

元歌舞伎俳優で現在は劇団新派で活躍されている喜多村緑郎さんですが、2013年に元宝塚トップスターの貴城けい(たかしろ けい)さんと結婚されています。

貴城けいさんがどんな方なのか、おしどり夫婦ともいわれていた夫婦仲について調べてみました。

スポンサーリンク

喜多村緑郎の嫁は貴城けい

 

二人の出会いは、2007年『愛、時をこえて 関ケ原異聞』という舞台でした。

愛時をこえて

元宝塚宙組トップスターだった貴城けいさんと当時歌舞伎俳優だった喜多村緑郎さんが共演した舞台で、当時は市川段治郎さんという名前でした。

貴城けいさんは宝塚歌劇団を対談後の初舞台で、安土桃山時代によみがえったドラキュラで役で主演を務めました。喜多村緑郎さんは石田三成役でした。

喜多村緑郎と貴城けい

 

それから5年後、2012年に再会したときからお付き合いが始まりました。

貴城けいさんは男役のため背が大きく身長170cmですが、旦那さまの喜多村緑郎さんは身長183cmあるのでバランスもよいです。

「仕事でもプライベートでもお互いを尊敬し高め合える存在と気づいた」ということがきっかけで結婚を決めたそうです。

東京都内で行われた披露宴には歌舞伎俳優の市川中車さんや川崎麻世さん、そして元宝塚の檀れいさん真琴つばささんが出席されました。

貴城けいさんの旧姓は「都築理絵」ですが、旦那様の本名が「神田和幸」のため、現在の本名は「神田理絵」さんになっています。

スポンサーリンク

貴城けいは元宝塚歌劇団宙組トップスター

貴城けい宙組トップ

 

現在オスカープロモーションに所属して活動を続けている貴城けいさんは、元宝塚歌劇団宙組のトップスターでした。

貴城けいさんは1992年に宝塚歌劇団の第78期生として入団して雪組に配属され、2002年からは雪組の2番手となり、2006年に宙組に組替えがあり、2006年7月に宙組のトップスターとなりました。

貴城けいさんが宙組トップとしてデビューを飾ったのは、2006年8月の福岡公演でした。

福岡の博多座での公演は「コパカバーナ」。

しかし、貴城けいさんは福岡での本公演1作だけで退団してしまいました。

せっかくトップになったのに1作で退団するというのは珍しいことだったので、当時は噂が流れたようです。

スポンサーリンク

喜多村緑郎と貴城けいの夫婦仲と不倫の理由

貴城けい

 

喜多村緑郎さんは所属している劇団新派の自主公演「怪人二十面相 ~黒蜥蜴 二の替わり~」には嫁である貴城けいさんも出演しました。

2018年3月12日の記者会見で、出演することになった経緯を話しています。

喜多村「ダメもとで出てくれない? と聞いてみたら、いいわよと」と説明したが、貴城「迷いました。けど、ものすごく困ってそうだったのでちょっとでも力になれたらと思って。主人の自主公演ですから、成功しないと家計に響いてくる。切羽詰まっております」と笑わせた。
引用:スポーツ報知

 

喜多村緑郎さんは貴城けいさんに読めない漢字やセリフのイントネーションを教えたり、台本の読み合わせもと付き合うという。

貴城けいさん自身も「主人の芸は好きでほれている」ということから仲の良さがうかがえます。

文春の不倫報道を受けて不仲だったのではないか?という声もありましたが、これまで調べた限りでは二人の関係は良好そうにみえました。

不倫の理由について、喜多村緑郎さんと貴城けいさんの間には子供がいないことが原因かもしれないという声もありましたが、お二人とも芸能活動をされているので可能性は低いかもしません、

夫と鈴木杏樹さんとの不倫報道を受けて、貴城けいさんがかなりのショックを受けていることについてSNSでは同情の声が多数投稿されていました。

スポンサーリンク